アルツファイマー病

アルツファイマー病
アルツファイマ病は記憶障害のほか、失語、幻覚、妄想、行動障害などの症状が出てきます。
もはや以前のように社交的ではなくなり人格に変化が現れてきます。

これは老人に見られる痴呆症の中で最も多いものの一つです。

残念ながら長期的に行われた研究の成果アルツファイマーの治療が困難であるということを証明してしまいました。

アルツファイマーになる原因はたくさんあります。

たとえば遺伝と環境が関連してくるという記述された論文もあります。
しかしアルツファイマーの要因となっている遺伝はわずか20パーセントでしかなくそのほかに様々な要因があるとされてわかっていないことが多いのがん現状です。
アルツファイマーの進行は時間をかけてゆっくりと進行していきます。

35〜65歳までの若いグループでは8〜10年
65歳以降の年寄りグループではは10〜15年です。

最も早かった部類では2年。遅かった例では25年と言う例もあります。

| 介護