痴呆の治療


痴呆の原因はいくつか挙げられていて、可逆的な痴呆症のケースによっては治療が可能なものがあります。

しかし残念ながらこのようなものは全体の1パーセント未満であるといわれています。

でも可能性が低くても治療は実施されるべきです。

いくつかの薬によって痴呆症に効果がある薬が研究されてきています。

根本的な治療を可能にするものではなくても痴呆の段階を2年前の状態に戻したり、進行を遅らせることができるようになるものです。

2000年を境にしてこういった研究がどんどん進められています。

アルツファイマーはいまやがん治療より困難なものとなってしまいました。
しかし遺伝子学をさらに解明にしていくことによりその解決を図れるものかもしれません。

それが発病へとつながる疾患コードニングを修復することができる可能性へとつながるかもしれません。

これを解明すれば原因となるプロテインを隔離することで病気へと発展することができるかもしれないからです。
| 介護