アルツファイマー病

アルツファイマー病
アルツファイマ病は記憶障害のほか、失語、幻覚、妄想、行動障害などの症状が出てきます。
もはや以前のように社交的ではなくなり人格に変化が現れてきます。

これは老人に見られる痴呆症の中で最も多いものの一つです。

残念ながら長期的に行われた研究の成果アルツファイマーの治療が困難であるということを証明してしまいました。

アルツファイマーになる原因はたくさんあります。

たとえば遺伝と環境が関連してくるという記述された論文もあります。
しかしアルツファイマーの要因となっている遺伝はわずか20パーセントでしかなくそのほかに様々な要因があるとされてわかっていないことが多いのがん現状です。
アルツファイマーの進行は時間をかけてゆっくりと進行していきます。

35〜65歳までの若いグループでは8〜10年
65歳以降の年寄りグループではは10〜15年です。

最も早かった部類では2年。遅かった例では25年と言う例もあります。

| 介護

痴呆症患者が家族

家族に痴呆疾患者がいる場合
痴呆症者が家族にいる場合は家族全体が病気であるということを言われる場合があります。

それは痴呆症者だけでなく、家族にとっても困難なことがいろいろおこる場合があるからです。

痴呆症がどのような状態にあってどのように介護していくかを決定することが最終的にとって苦渋のものとなってくる場合があります。

在宅での介護がとても困難なものになってくるからです。

また痴呆介護する人々は非常に欝気味になる傾向があります。

これを解消する方法を考えていかなければ介護は非常に難しいでしょう。

痴呆介護する際にはストレスがたまる要素がたくさん存在します。

こういう状態を解消するためには痴呆症である患者の欲求を受け入れていくことも必要なことです。

ベッドに靴で入ろうとするなど中には耐え難いこともあるでしょうがこれを受け入れることによって自分をすり減らすこともなくなり、患者も自尊心が保たれます。

| 介護

痴呆の治療


痴呆の原因はいくつか挙げられていて、可逆的な痴呆症のケースによっては治療が可能なものがあります。

しかし残念ながらこのようなものは全体の1パーセント未満であるといわれています。

でも可能性が低くても治療は実施されるべきです。

いくつかの薬によって痴呆症に効果がある薬が研究されてきています。

根本的な治療を可能にするものではなくても痴呆の段階を2年前の状態に戻したり、進行を遅らせることができるようになるものです。

2000年を境にしてこういった研究がどんどん進められています。

アルツファイマーはいまやがん治療より困難なものとなってしまいました。
しかし遺伝子学をさらに解明にしていくことによりその解決を図れるものかもしれません。

それが発病へとつながる疾患コードニングを修復することができる可能性へとつながるかもしれません。

これを解明すれば原因となるプロテインを隔離することで病気へと発展することができるかもしれないからです。
| 介護

痴呆症の症状

痴呆症の症状
これは病気として認められているものの、一般的に認められている病気の定義として治療することができるものとは異なるニュアンスがあるでしょう。

こうなったときに人は一般的な環境からは隔離されてしまい、老人ホームなどの社会施設などに隔離させられてしまいます。

これは痴呆になった時にもう治る可能性などがないと誤解されているためであります。

また痴呆症が発生する場合などは他の精神病などと同時期に見つかることが多いです。

これを直していくことによって痴呆を解消していくこともできます。


痴呆の原因とはなんなんでしょうか?
主症状としては記憶力の低下になります。
しかし実際WHOが認定した痴呆症の状態とは脳疾患を患っているということになっています。

今日では痴呆症を引き起こす原因は100以上もあるということが知られています。

原因を見つけ出せればいくつかの痴呆症タイプにおいては治療可能なものも見つかる可能性があるので原因の研究などが進められています。

血液循環の不良が原因となるような治療を可能とするものでなければこういった治療をすることはできませんがそれを解明することによって痴呆症は治療可能なものとなってくるでしょう。
| 介護

老化

老化
老化に伴って死亡率が上昇するのは当然のことです。

これは自然におこってくる生物学的な老化現象をのがれることはできないからです。

年をとるに連れて確実に内蔵機能や回復能力は衰えてくるものです。

また精神的な面でも老化していくことはあります。

世の中の老人は全て記憶力が悪く、感情的にも乏しい生活を送っていると誤解している人は多くいるでしょう。

そもそもキオクするプロセスとは脳に働きかけ、トレーニングするということによって鍛えられるものです。

老人は若者よりもキオクしていたものを再生するのに時間がかかります。
これは若者よりもキオク量の大きい老人は再生するのにもより多くの時間を要するからです。

その他の感覚器官などが衰えてしまった老人には学ぶということが若者よりも難しくなってしまいます。

しかし人は年を取るに連れて暗記力や再生能力が衰えるのではないということを知っておきましょう。
他の年齢に比べて再生するまでより多くの時間を必要とするだけなのです。

年をとっても人に依存することなく脳を鍛え続ければ記憶力を磨いていくことは可能です。
それが最近はやっている『脳トレ』なのです。